Eisenhower matrix / アイゼンハワーマトリクス
🧠

Eisenhower matrix / アイゼンハワーマトリクス

🧠

アイゼンハワーマトリクス 、(別名緊急‐重要マトリクス)とは、緊急性と重要性によってタスクを振り分けて優先順位をつけるのに役立つ思考モデルのこと。

🔖 もくじ

💡アイゼンハワーマトリクスとは

このフレームワークは、日常で抱えているさまざまなタスクの中でどれに注力するべきかを決めるためのツールであり、①重要かつ緊急なもの ②重要で緊急でないもの ③緊急だが重要ではないもの ④残りのタスク の優先順位で今この瞬間に何をするべきかを判断するのに役立つ。

✂️ 使いかた

1. タスクを書き出す

その日の仕事とプライベート両方のタスクをTodoリストとして一元化して頭の容量を整理する。

ヒント:各エリアにつきタスクは8つまで(合計8×4=32)。それ以上リストを追加したいならまずは最重要のタスクを終わらせてから。

2. マトリクスをつかって優先順位を決める

Take your ideas and drop them into the matrix, sorting them into one of the 4 quadrants by their importance and urgency.

  1. First quadrant - Do first
    • These tasks are important for your life or work and need to be done today or tomorrow at the latest. You could use a timer to help you concentrate while trying to get as much of them done as possible.
    • Notionery tip: Process-related tasks (e.g., make a restaurant reservation) are usually best done first. Once you kick these out, you can focus on tasks that require more of your mental capacity
  2. Second quadrant - Schedule
    • These tasks are important, but less urgent and can be postponed for later.
  3. Third quadrant - Delegate
    • The third quadrant is for tasks that less important to you than others but still pretty urgent - try delegating them to someone on your team. You can keep track of delegated tasks with an e-mail reminder, or schedule a meeting to check back on their progress later.
  4. Fourth quadrant - Don’t Do
    • You should not do these tasks at all, most likely they give you a reason to procrastinate and are a good excuse for not being able to deal with more important things.

リストの項目をマトリックスに落とし込み、重要性と緊急性によって4つのエリアに分類していく。

  1. 第1エリア 「まずやる」
    • 生活や仕事にとって重要であり、遅くとも今日か明日には完了する必要があるもの。タイマーを使うとできるだけ多くのタスクを終わらせようと集中できるかも。
    • ヒント:”その後”があるタスク(例:レストランの予約など)は、通常最初に行うのがベスト。一度これを頭から追い出してしまえば、より精神力を必要とするタスクに集中できる。
  2. 第2エリア「予定」
    • 重要ではあるが緊急性が低く、後回しにすることができるもの。
  3. 第3エリア「依頼」
    • 緊急性は高いが自分にとっては他の人にとってよりも重要ではないタスク。チームの誰かに委託して、後でメールやミーティングで進捗状況を確認することを考える。
  4. 第四象限 「やるな」
    • 緊急でも重要でもないもの。もっと重要なタスクをこなす際に先延ばしの言い訳になるのでやるべきではない。

緊急

緊急性なし

重要

まずやる
Task 1
予定
Task 2

重要でない

依頼
Task 3
やるな
Task 4

🌊 使いかたの例

1. タスクを書き出す

ニックのメールに返信
ジェニファーと電話の予定をセッティング
概要資料の戦略づくり
洗濯物
今日のレストラン予約

2.マトリクスをつかって優先順位を決める

緊急

緊急性なし

重要

まずやる
Respond to Nick's email
予定
Create a strategy overview document
Do laundry

重要でない

依頼
Book a restaurant for tonight

やるな
Set up a call with Jennifer

📚おまけの読みもの