BHAG / 大胆な目標
🎯

BHAG / 大胆な目標

🎯

BHAG は大胆な目標に向かうためのフレームワーク。企業のコアバリューに沿ってミッションステイトメントを決めたいときにも、個人が目標を明確化したいときにも使うことができる。

🔖 もくじ

💡 フレームワーク

人はどうやって大きなことを成し遂げるのか?

偉業を成し遂げた人は、必ずどこかの時点でそれまででは考えられないような大胆なゴールを設定していたはず。BHAGのフレームワークは、意欲的であると同時に当てずっぽうで非現実的にはならないように目標を設定するためのもの。BHAGを使うことで、それが目指すべき北極星になって迷うことがなくなる。ただ「どうやったら近づけるか」を考えて追いかければいい。

✂️ 使いかた

1.少し怖くなるぐらいの目標を選ぶ

大胆な目標を定めよう。一度決めてしまえば、そこに照準を合わせて常に進歩するよう意識が変わる。

2. 達成できなさそうな目標を選ぶ

なぜ手の届かない目標を設定するのか?安っぽく聞こえるかもしれないけれど、星を目指して出発して、失敗したら月に着陸するということ。達成できないかもしれない目標を設定することで、自分の能力を押し広げることになる。

3. はっきりした基準がある目標を選ぶ

目標は測定可能なほうがいい。でなければその目標はあまり拠り所にはならない。

🌊 使いかたの例

  • 「火星の有人探査・入植を可能にする」(SpaceX社)
  • 「世界中の情報を整理する」 (Google)
  • 「どこでも簡単にビジネスができるようにする」(アリババグループ)
  • 「世界の持続可能なエネルギーへの移行を加速させる」(テスラ)

📚 おまけの読みもの