Story arc / 物語の横糸
✍️

Story arc / 物語の横糸

✍️

人間は誰しもが語り手である。 Story arc(物語の横糸) は、自分のストーリーを構造化して他の人にも理解しやすく伝えるためのメソッドでありテンプレートとなる。

🔖 もくじ

💡Story Arcについて

人間はストーリーに対して敏感なもの。これから紹介するテンプレートを使って、自分の人生・キャリア・仕事のプロジェクトのストーリーをより説得力をもって伝えることで他者との繋がりを築こう。自分の達成したい成果が得られるようにアイデアを構造化しよう。

✂️ 使いかた

1. アイデアを書き出す

自分のストーリーに盛り込みたいポイントを書き出してみよう。下のクエスチョンを参考に。

  • どんなストーリーを伝えたいか?
  • ストーリーの目的は何か?聞いている人に何を受け取ってもらいたいか?情報?感情?それとも自分の頼みを聞いてほしい?
  • ストーリーの中で何が鍵となる?
    • シーン:どんな状況?どんな設定?
    • そこで自分はどんな行動をとった?
    • 最終的な結末は何か?自分が寄与した結果どうなった?
  • ストーリーの中での”紆余曲折”はどこにあるか?どこに感情的な要素があるか?人間はたいてい「弱み」に敏感なので、それが適当だと判断したならストーリー中で自分の感情的な部分を開示するのを恐れないこと。

2. 話のポイントを構造化する

下のテンプレートのどれかを使ってストーリーの要点を落とし込んでみる。(▶をクリックで詳細表示)

人生/プロジェクト/スタートアップのストーリー構成

この構成は自分のライフヒストリー、スタートアップや今までに取り組んできたプロジェクトのストーリーテリング向け。

テンプレート: 昔々、○○がありました。毎日○○でした。ある日○○がありました。すると、○○。それによって○○。 そしてついに○○○。

この構成をテスラのストーリーにあてはめてみると、

人々は内燃機関で動く車に乗っている。しかし、100%電気自動車を作ることができるほどバッテリー技術は進歩して価格が下がってきている。とはいえまだ高価ではあるのでまずは高級車に装備していく。だがバッテリー技術がさらに向上すれば、そのマーケットはどんどん縮小していくと予想される。だから、最終的にはすべての車が電気自動車になるように自動車業界を変革することを目指していく。

となる。

自分の今までのキャリアのあゆみについてのストーリー構成

この構成は自分のキャリアについてのストーリー向け。マリッサ・メイヤーは、若い時からこのフレームワークを使って会話をすることでヤフーで様々な役職を経験し、会社内で新しいチャンスを追求した。

テンプレート:私は以前Xをしていたのですが、これからはYをしようと考えていて、そうすればZが学べると思っているんです。

例えば下のような使いかたが考えられる。

私は以前経営コンサルタントをしていたのですが、それがいろいろな人と働くことができて、どうしたら複雑な問題を解決できるのかを学べるとても刺激的な環境だったんです。今はより実践的に自分のやり方で物事を進めていきたいという気持ちがあって、それが自己資金投資をして起業した理由です。

自分の実績を伝えるためのストーリー構成

この構成は就職の面接や自分の功績を誰かに売り込む必要があるとき向け。このシチュエーションには最適なのは「STAR」というフレームワークで、Situtation, Task, Action, Resultの順を追った話し方をする。

  • Situation(状況):場面設定をして、ストーリー上で知っておいてもらう必要があることを話す。
  • Task(課題):そのとき自分が直面していた課題・やるべきことについて話す。
  • Action(行動): 自分がどのようなステップを踏んでその課題をクリアしたかを説明する。
  • Result(結果): 結果的に何を達成できたのかを伝える。

📚 おまけの読みもの